渋谷新聞は東京・渋谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

渋谷で戦国時代タイムトリップ!Samurai Armor Photo Studio

1Q2A1371
Samurai Armor Photo Studio


場所は、渋谷駅から道玄坂を登って徒歩10分。

IMG_5712
キングビル7階、エレベーターを降りて左手。

IMG_5705
奥には圧巻の甲冑展示コーナー。

IMG_5716
まずは日本語と英語で、サービスの案内説明。

IMG_5718
¥13,000-/好きな甲冑1体選択、着付け、撮影、撮影データはSDカードでプレゼント。

IMG_5719
甲冑それぞれの説明。
NHK大河”真田丸”でお馴染みの『真田幸村』、

IMG_5720
ダース・ベイダーのモデルとして訪日ゲストに人気の高い、独眼竜『伊達正宗』、

IMG_5723
この甲冑だけ料金¥40,000-、天下人『豊臣秀吉』は作りが豪華!

IMG_5724
NHK大河で一躍話題となった、黒田官兵衛。その息子であり初代福岡藩主の『黒田長政』。

IMG_5713
自分の身長には、どの甲冑が合うかなどのアドバイスも受けつつ、

IMG_5727
好みの甲冑を決定。

IMG_5728
女性にはシャツと短パンを無償で貸出。

IMG_5731_590
着付けにあたっては、基本どんな格好でもOK。Tシャツがおすすめ。

1Q2A1_590
専用の靴下は、全員にプレゼント。

IMG_5741
指先が分かれた靴下は訪日ゲストには珍しく、とても喜ばれるそう。

1Q2A1444
着付けは、全てスタッフにお任せ。

1Q2A1457
着物の豆知識トークを交えながら楽しく進んでいく。

1Q2A1468
甲冑用裁付袴(たっつけばかま)を着用すると一気に気分が高まる。

1Q2A1513
手前の侍Tシャツを着た方がカメラマン。

1Q2A1499
これから着用する甲冑と記念撮影。

1Q2A1557
籠手を着用し終えれば、戦気分。渋谷新聞的には、この状態が一番グッとくる。
※この状態での撮影はコースに含まれていないが、お願いすれば撮ってくれるかも!?

1Q2A1582
和服全般そうなのだが、大は小を兼ねる。
どんな身長、体型の方でも丁寧な調整でフィットするのが甲冑のよくできた構造。

1Q2A1625
座り方やポージングの指導を受け、

aaa
いざ撮影開始!

DSC_1144
甲冑姿は、ちょんまげ侍とは違い、日本人でも外国人でもしっくりくるという。

DSC_0987
天晴れ!
小道具も豊富。

DSC_1037
澄ました表情をすれば、ストーリー性が生まれ、

DSC_1349
笑えば、楽しいコスプレ写真に。

DSC_1298
友人と行けば、2人一緒に撮影してくれるし、

IMG_5811
自分のスマホでも撮影可能なのは嬉しい。

IMG_5875
撮影終了後、100枚以上の撮影画像が入ったをSDカードでもらえるため、

DSC_0965
こんなふうに、

bbb
パソコンやスマホアプリで、古めかしく画像加工してみるのも楽しい!

以上が¥13,000-プラン。 
所要時間約60分。
要予約のため、詳しくはこちら。 http://samurai.bz/

.

予約時条件要確認のオプションプランも

※天候やスタッフ対応状況によります。追加料金もかかりますのでWEB予約時にお問い合わせください。

IMG_5813
わらじを履かせてもらい、

IMG_5817
ビルを出る。

IMG_5821
道玄坂をくだり、

IMG_5827
渋谷街中で記念撮影。

1Q2A1966
戦国時代と現代のマッチングが楽しい。

1Q2A2066
訪日外国人観光客からやたら声をかけられることも一興。

DSC_1572
今までにない渋谷の思い出に。

.

<取材協力>
舞夢プロ
http://www.maimupro.co.jp/
https://www.facebook.com/maimupro.tokyo/

IMG_5865

写真右:今井春花 https://www.facebook.com/haruka0824.maimu/
写真左:片桐結奈 http://instagram.com/yuina_katagiri

.

SAMURAI ARMOR PHOTO STUDIO
http://samurai.bz/

Share (facebook)