渋谷新聞は東京・渋谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

言語の壁を超える!?殺陣(たて)を仏人イケメンが体験

みなさん、殺陣をご存知ですか?

※殺陣とは舞台や映画で刀などの得物(武器)を使って行う立ち廻りのことです。
「時代劇で見たことがある!」という方は結構多いと思います。

それでは、殺陣を体験したことがある方はいらっしゃいますか?

そんな方は日本人でも数少ないと思います。

今回、渋谷新聞さんと上智大学の連携講座の一環として、私たち上智大学生が「訪日観光客におすすめしたい渋谷スポット」を取材することになりましたので、

なんと大都会の渋谷のど真ん中で・・・

 

viane

フランス人イケメン(モデル経験有)でもある
ヴィアネさん
に体験してもらうことになりました。

ヴィアネさんは、日本語がペラペラで毎年夏に日本にいらっしゃる程の日本通で、将来は日本に住んで俳優になることが夢だそうです。
viane2

ヴィアネさんは、6歳の時にお父さんとパリにあるアジア文化を伝える美術館に行き、
葛飾北斎の絵に魅了され、日本に興味をもったそうです。そのあと中学生になって日本語の勉強を始め、高校生の時に初来日しました。

日本に来て驚いたことは、東京には想像以上の人がいることと、日本の治安の良さだそうです。
viane3

その他にも、日本の好きな歌手や漫画、フランスと日本の文化の違いを笑顔で優しく教えてくださるヴィアネさん。

今回の殺陣体験について、ヴィアネさんは、

「時代劇を見ることが好きで、殺陣は前から知っていて、とても格好いいと思っていました。また俳優になるための1スキルとして、殺陣を体験することを楽しみにしていました。」

とお話してくださりました!

それでは早速殺陣教室に向かいましょうー!

 

炎天下_R

渋谷駅新南口から徒歩30秒の青ビル9階の一室、

エレベーターから降りると・・・やあああああ!!という声が・・・(震)

そして教室のドアを開くと日本の和を象徴する三味線ロックを融合したオシャレな音楽が聞こえてきます!!!

 

こんな感じで私たちを出迎えてくださったのは
サムライブさん

教室内はこんな感じです!ここで殺陣を教えてもらいます。

殺陣教室_R
そして、ヴィアネさんに殺陣を教えてくださる方は、

五代先生_R

これまでに教えてきた生徒さんの数は3ケタを超えるという五代新一先生です!

 

渋谷新聞
今日はよろしくお願いします~
1着付け

初めに、先生に丁寧に着付けてもらうヴィアネさん。

(女性の場合は更衣室の準備もありますのでご安心ください!)

着付け2

フフッ ヴィアネさん嬉しそう・・・!

あああ

無事に着付けが終わりました!すごくかっこいいです!

これはまるでSAMURAI=侍ですね~

金額ですが、外国人・国内観光向け殺陣・侍体験プランの場合、
着付けなし 1名様/5000円
着付けあり 1名様/7000円 になります!
詳しくは、こちらをご確認ください。http://www.tate-school.com/foreign.html

 

稽古をつけてもらう前に、まず先生から礼儀作法(正座・礼・所作)を学びます。

黙想1

刀の置き方やお辞儀の角度などサムライのルールを先生に教えてもらいます。

黙想2

心を落ち着かせて、日常生活と稽古の区切りをしっかりとつけるための黙想をしたら・・・。

viane 殺陣かまえ_R

viane殺陣ふる_R

稽古のスタートです!!

殺陣には一動作に一歩を出すという決まりがあり、手と足を同時に動かすのは結構難しそう。

五代先生指導_R

先生の型のお手本を鏡を通してしっかりと目に焼き付けるヴィアネさん。

kamae_R

おおー!!かっこいい!!(本日2回目)

次に斬り方を習います。
弧を描くように刀を振り回し、その時のビュンビュンという音に安らぎを覚えます。そして・・・
ビシ_R

ビシッ!!決まったー!!!
かち_R

カチッ!!!刀を鞘に納める音にはしびれます!

最後に立ち回りの稽古をつけてもらいます。

補助の先生が斬られ役(芯)を務めてくださり、ヴィアネさんはもちろん斬る役(絡)を務めます。補助の先生の斬られた時のぐあああー!という斬られた音が教室内に響きます!それのおかげで、まるで初心者のヴィアネさんがバッサバッサと斬っているようです!

それではヴィアネさんの立ち回りの動画をどうぞ!!

 

以上で体験プログラムはすべて終了です!

お疲れ様でした~

 

天井_R

プログラム終了後、五代先生に時間を割いていただき、先生にとって殺陣とは何か伺ってきました。

五代先生真剣_R

五代先生にとって殺陣とは
自分を表現するためのツールであり、先生の人生にとって必要不可欠なもの。今では、殺陣を通して物事を考えるようになったそうです。

五代先生
このご時世、あらゆる人がスマートフォンなどの媒体を通して間接的にコミュニケーションをとっています。
しかし、殺陣は斬る役、斬られ役のタイミングが合わないとできないし、そのタイミングは
身体と身体のコミュニケーション
でつかみます。
実際にタイミングがあったときは、とても気持ちがいいです。
たくさんの人に
身体と身体のコミュニケーションの大切さ
を体験してほしいです。

かまえ_R

さらに

五代先生
体験教室は、一応英語でも対応することはできますが、殺陣に言葉はあまり必要ではありません。
言葉がなくても必要なことは伝わる
のです。
殺陣はノンバーバルコミュニケーションです。
私は殺陣を世界中に広めていきたいです。外国の方も気軽にお越しください。

刀_R

筆者が思うに、
殺陣には日本語や英語というような言語の壁がない

外国の方にも分かりやすい日本文化ということ。

また刀の空気を割く音や刀を鞘に納める音、すり足の音、斬られ役の叫び声など殺陣には
魅力的な音がたくさん詰まっています

音は万国共通です!殺陣は日本の方だけでなく、海外の方も本当に楽しめると思います。

それでは最後に殺陣体験を終えたヴィアネさんに感想をいただきましょう!

会議_R

ヴィアネさん
僕は日本語が話せるほうですが日本語が得意ではない外国の人も楽しめると思います。
実際に殺陣を体験して、刀を振って空気を斬る時
立ち回りの斬る役・斬られ役のタイミングが合った時がとても気持ちがよかったです。
フランスの友人に殺陣を紹介していきたいです。

かまえ2

私たち学生取材陣は殺陣体験はやらず、殺陣見学をしたのですが、体験をしなくても見学だけで十分に楽しめます!

殺陣を自分の目で直接見られる機会なんてなかなかないですよね?

テレビや映画では伝わってこないその場の空気感を味わえ、貴重な体験をさせていただき大満足でした!
また、今回は私たちは観光体験プランを取材しましたが、サムライブさんでは殺陣教室として

子供向けのキッズコース

女性向けのダイエットエクササイズコースが用意されています。

しかも、教室は女性の方が断然多いとか・・・!

老若男女問わずに出来るのもまた殺陣の魅力ですね!

ちなみに。小さいお子様の場合はスポンジ製の刀になるそうです。

ただし、模造刀での記念撮影はできるようなので、思い出が作れますね!

ご参加の場合は、動きやすいジャージなどを持ってきて頂きければすぐに参加できるとのこと。

殺陣に少しでも興味のある方は是非サムライブさんにご連絡ください!

 

vと五代先生_R

サムライブさん、ヴィアネさんありがとうございました!

——————–
取材:上智大学×渋谷新聞連携講座「異文化の視点とジャーナリズム」Bグループ
執筆:Bグループ代表/長谷部律
——————–
<店舗情報>
サムライブ
〒150-0002 渋谷区渋谷3-28-7 青ビル9F
03-6427-0329
料金、営業日等、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tate-school.com/

Share (facebook)