渋谷新聞は東京・渋谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

半チャーハンは脇役ではなく、主役だ!そう気付かせてくれた渋谷の中華食堂「悟空」

IMG_0516_590
ラーメン+半チャーハン

日本にこの最強かつ絶妙なボリューム感のコンビを生み出した天才がどなたかは存じ上げませんが、ラーメン+半チャーハンは、若者からシニアまで広く満足感を与えてきたコンビであることは皆様の知るところだと思います。

このコンビに主役と脇役をあてはめるなら、もちろんラーメンが主役。

半チャーハンは、ラーメンだけでは物足りないそんな心と胃袋のスキマを埋める脇役、だから「半」。

そんな常識を覆したい

と思ったかどうかは定かではありませんが、半チャーハンが下剋上を果たしているお店が渋谷にあります。

個人的に何度か足を運び、男女含め何人かランチ連れて行ってこのチャーハンの実力を味わってもらった結果、誰もが認めた半チャーハンの旨さと存在感。

それが、このお店、
IMG_0451_590
中華食堂「悟空」

まるで渋谷チャーハン界のブラックダイヤモンド

一般的な半チャーハンと一線を画しているのがその見た目の色。

ここのチャーハンは、
IMG_0471_590
黒い

一見味付けの濃そうな印象であるが、食べてみると非常にマイルドで香り高い。

醤油の入れ過ぎでも、コゲ過ぎでもないこの黒さの正体は「中国醤油」

これは、日本で言うところの「たまり醤油」のようなもの。

IMG_0459_590右が中国醤油、左が一般的な醤油

香りとコクと色味が凝縮されたこの中国醤油を、調理過程でほんの数滴加え炒めることで、この黒いチャーハンが出来上がる。

聞けば本場中国の質の高い醤油を仕入れており、黒く均等に色づける調理テクニックも本場中国の料理人ならではなのかもしれない。

ランチ以外では、「悟空チャーハン」としてメニューに載っています。

「半」だと思ってなめてはいけない。もはや「全」の領域。

悟空のラーメン+半チャーハンセットはランチ限定。

12種の麺類からお好みの一つを選ぶことができる。

今回は、名古屋グルメとしても人気を博している「台湾ラーメン」をコンビに指名。

ちなみに、この「台湾ラーメン」はお客さまからのリピート率が高いらしいです。

ラーメンと半チャーハンが運ばれてきて机に並ぶ。

そこでまた、半チャーハンが存在感をアピールし始める。

IMG_0474_590半サイズ?

旨い、黒いだけではない。

半チャーハンなのに、規格外の大きさ。どこまで主役の座を脅かせば気が済むのか。

いや、むしろ通常メニューにおけるチャーハンのボリュームが気になる。

普通の五目チャーハン(¥800-税別)はこちら、
IMG_0482_590
IMG_0490_590
1合を余裕で超える

さらに、ランチのチャーハン定食は、このサイズから「大盛り」「特盛」「メガ盛り」とグレードアップが可能。

しかもグレードアップは全て無料!

気になる「メガ盛り」は、米約2合だそう。

ラーメン+半チャーハンセット。悟空におけるボリュームの基準からすれば、半チャーハンなのかもしれないと納得。

とにもかくにも、男性サラリーマンや学生諸君にとっては最高に満足度の高いランチであることに間違いない。

渋谷新聞
このセット、やはり渋谷のサラリーマン支持率が高いのでは?

店長さん
意外にも、この半チャーハンセットを頼む人は、女の人が多いんですよ。
サラリーマンの方は財布のヒモが固いのでしょうか、日替わり定食(¥750-税別)を頼む方が多いです。

渋谷新聞
なんと!最近のOLさんはこのボリュームをペロリといけてしまうのですか?

IMG_0499_590

店長さん
いえ、さすがに完食は少ないです。
女性のお客様で多いのは、余った半チャーハンをパックに入れて持ち帰る方ですね。
お声掛けいただければ、パックをお渡ししていますから。
※夏場を除く

存在感ある半チャーハンの裏側にある店長さんの思い

渋谷新聞
渋谷に店を構えて9年とのことですが、当初からこのぐらいボリューム感たっぷりのメニュー構成だったのですか?

店長さん
いえ、むしろ減りましたね。チャーハンだけでなく、全体的に。
当初、普通のチャーハンはさっきの1.5倍の量が普通サイズでした。

渋谷新聞
え!それってもはや大食いチャレンジレベルですね。
味だけでなく、ボリューム感にもこだわる理由は何ですか?

店長さん
自分で店を構える前は、1人最低5万とかの有名高級中華料理屋で働いていたんですよ。
その頃はよく勉強のために高級料理店に食べに通ったりもしていました。

しかし、フレンチにしても、イタリアンにしても、中華にしても、高いお金払ってもお腹がいっぱいになるという満足度が自分の中に少なくて。
例えば5万円払ってフレンチ食べたのに、帰りにはラーメン食べて帰ったりとか。

渋谷新聞
分かります。それは量だけの問題じゃないですよね。
味付けや、コースの構成、お店の雰囲気だったりも影響するように感じます。

店長さん
居酒屋やバーでしたら、2軒目、3軒目といった楽しみ方でいいんですけど、うちに一軒目で来たお客さんに関しては、2軒目、3軒目行かなくても、きちんとお腹いっぱい満足してもらえるように食べていって欲しいっていう思いがありました。
なので、全体的に量が多くしています。

IMG_0525_590

話を聞いていくと、こちらのお店とても常連さんが多いとのこと。

1軒目できちんとお腹いっぱいになって欲しいという思いが、居心地の良さにつながっているのだろうか。

店内壁面の水墨画風のイラストは、常連さんが描いてくださったようで、他にも

IMG_0534_590
こちらもお客さんからの贈り物の「悟空」

IMG_0529_590
こちらも贈り物「悟空」京劇バージョンでしょうか。

.

是非、みなさんも半チャーハンが主役かもしれない!という感覚を味わってみてください。

あたりまえの常識を覆したい

そんなアグレッシブで柔軟な発想をもつあなたの胃袋を必ずや満たしてくれると思います。

.

<取材協力>
中華食堂「悟空」
東京都渋谷区道玄坂2-29-13 若槻ビル 2F
03-3770-5959
[月~金]
11:30~15:30(L.O15:30)
17:30~24:30(L.O23:30)
[土・祝]
11:30~24:30(L.O23:30)
※日曜営業は電話にてご確認ください。

Share (facebook)