渋谷新聞は東京・渋谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

鹿児島への愛を感じる「渋谷・鹿児島おはら祭り」レポート

1705_ohara-52
様々な踊り連で埋め尽くされた道玄坂。

5月21日に行われた第20回 渋谷・鹿児島おはら祭

渋谷と鹿児島。

直線距離にして約960Km。

鹿児島と名のつくお祭りが、なぜ遠く離れた渋谷で?

きっかけは、東京にいた鹿児島県出身者たちが「東京で故郷のお祭りを実施して同郷の親交を深めたい」と当時の渋谷区長に働きかけたことだという。

また、遠く離れているが、古くは鎌倉時代の武将で渋谷の名称の由来にもなった「渋谷氏」が、現在の鹿児島県薩摩川内市に移住をしていることなど、渋谷と鹿児島は古くから縁がある。

こうして1988年に始まった渋谷・鹿児島おはら祭、今年で20回目を迎えた。

一方、発祥であるおはら祭りは、鹿児島市が市制施行60周年を記念して1949年に始めたお祭り。

鹿児島県を代表する「おはら節」や「ハンヤ節」など民謡に合わせて朝から晩まで踊り続けるそうだ。

毎年11月に2日間に行われ、約2万人以上が参加する鹿児島を代表するイベントだという。

.

1705_ohara-3
渋谷・鹿児島おはら祭りの当日は雲一つない晴天。

この日東京は、最高気温30.9度と真夏のような暑さになった。

集まった踊り連はその数、64連。約2,400人。

1705_ohara-1
踊り連とは、踊り手たちで構成されたグループのこと。

連の構成や規模は様々、それぞれ連ごとにお揃いの衣装に身を包んでいる。

お祭りの開始は12時50分。

1705_ohara-5
祭り太鼓がSHIBUYA109前に鳴り響く。

開会式を経て、いよいよセレモニーがスタート。

1705_ohara-9
國學院大學体育連合会吹奏楽部によるファンファーレとパレード。

1705_ohara-12
一番最初の踊りは渋谷音頭

1705_ohara-11
渋谷区内のお祭りでは親しまれているメロディだが、これだけ多くの人が踊っているのはあまり記憶にない。

渋谷音頭は11月のおはら祭りでも踊られているそうだ。

鹿児島でも渋谷の民謡が流れていると聞いて、胸が熱くなった。

続いてはおはら節

♪花は霧島 たばこは国分 燃えてあがるは桜島

鹿児島の風景がイメージできるだけでなく、踊り手だけでなく歩道にいる観客たちもいつの間にか自然に口ずさんでしまうほど耳馴染みがよい。

さらに、鹿児島を連想させるダイナミックかつ優雅な踊りの振り付け。

1705_ohara-16
この振り付けは、手のひらを頭の上で回し、そのまま山の形に噴煙が立ち上る様子を表現したもの。

まるで薩摩半島にいて、雄大な桜島を眺めているような気分になる。

連ごとに趣向を凝らした色とりどりの衣装も目に楽しい。

1705_ohara-35
浴衣。

1705_ohara-15
花笠。

1705_ohara-48
法被など。

思い思いに着飾り、踊っている様子を見ていると、こちらの気持ちもドンドン軽やかになっていく。

目で踊りや衣装を見て、耳で民謡を聞いて楽しむ。

踊らなくても、見ているだけで鹿児島の文化や自然を感じられる。

これがおはら祭りの魅力。

1705_ohara-4
祭りに参加するために、10連、約260人の方が鹿児島から渋谷に駆けつけたそうだ。

1705_ohara-34
鹿児島県姶良市出身で観光大使の西田あいさんも踊りに参加。

1705_ohara-30
鹿児島からはテレビ局の取材も来ていて、鹿児島での注目度の髙さを感じられた。

1705_ohara-31
鹿児島市消防団の纏(まとい)が揺れる。

取材では、数々の踊り連が一糸乱れず踊る姿を間近で撮影させてもらった。

連の動きと一緒にと一緒に渋谷の町を周遊していると、いつの間にかおはら節を口ずさみ、手の振りや足のステップを真似している自分がいた。

地方の民謡というと難しそうなイメージがあるが、おはら節は踊りも歌詞もわかりやすく、見ているこちらも元気になってくる。

そんなパワフルな踊り連の人たちの様子をお伝えしたいと思う。

全ての連を撮影しきれなかったが、真夏のような青空の下で盛り上がる熱い雰囲気を是非感じて欲しい。

1705_ohara-10

1705_ohara-42

1705_ohara-13

1705_ohara-15

1705_ohara-17

1705_ohara-19

1705_ohara-18

1705_ohara-20

1705_ohara-21

1705_ohara-22

1705_ohara-24

1705_ohara-23

1705_ohara-25

1705_ohara-27

1705_ohara-28

1705_ohara-32

1705_ohara-33

1705_ohara-36

1705_ohara-38

1705_ohara-39

1705_ohara-41

1705_ohara-43

1705_ohara-44

1705_ohara-47

1705_ohara-45

1705_ohara-46

1705_ohara-49

1705_ohara-53

1705_ohara-50

1705_ohara-51

.

踊りの迫力と並んで、心を動かされたこと。

それは、集まった踊り連の人たちの鹿児島への愛。

1705_ohara-40
同じ地域の出身者たちが集まっている連。

1705_ohara-29
高校の同窓生で構成されている連。

1705_ohara-26
東京都内に鹿児島区をつくってしまった連まで。

旅行で鹿児島が好きになった、好きな焼酎がある、など、出身でなくても鹿児島の何かが好きをきっかけに参加している参加者もたくさんいるそうだ。

渋谷では様々なお祭りやイベントが行われているが、渋谷区以外の他の自治体が関わり道路を封鎖してこうした大規模なイベントを行うのは、渋谷・鹿児島おはら祭りだけ。

遠く離れたふるさとを愛する人たちの思いと、それを受け入れる渋谷の人たちとの懐の深さ。

金王八幡宮の例大祭やハロウィンとはまた違う、地域の愛と一体感を感じる素敵なお祭りだった。

あなたも来年は是非足を運び、この熱量あるお祭りを体感して欲しい。

.

<取材>
渋谷・鹿児島おはらまつり 
http://shibuyadeohara.jp/

Share (facebook)